忍者ブログ
大切なのは、謙虚に、素朴に、そして素直に生きること・・・
★ADMIN★
  ★ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ 最新コメント
[12/27 えだ]
[12/26 puku]
[05/13 SN]
[03/28 SN]
[09/09 みつを]
  ★ プロフィール
HN:
えだ
性別:
非公開
  ★ カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
★2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/09/14 (Fri)

今日、なんだか無性に桂浜からの景色が見たくなったので、行ってみた。 

一年前に坂本龍馬記念館に行ったことはあったけど、浜を歩いたのは多分10数年ぶり。

最後に来たのは、中学の遠足かなんかだったかな。

真昼間だったけど、人影もさほど多くなく、空も遠慮がちな模様を呈していて、

自分の中の桂浜の勝手なイメージ、情熱的な情景はそこにはなくて、

勢いのある青年というよりも、いろいろな悩みを経験して、穏やかな中にも何か譲れないものをもっている青年のような、

そんな桂浜の光景に、自分を重ねてみたりした。

・・・桂浜って、こんないいとこだったっけ?

今度来るときは女の子と来よう(笑)

PR
★2007/08/28 (Tue)
就職して、建築の実務を多少なりとも経験して、わかったことがあります。
「わかってしまったこと」と表現した方がいいかもしれません。
「建築」は好きです。
でも、「建築を創ること」というのは、それ程好きではないかもしれない。


それは、学生時代から薄々感づいていたことでした。
建築を見て、体験して、「いいな」、「かっこいい」、「心地よい」と感じ、「あぁ、建築ってやっぱいいなぁ」って思う。
でも、「自分でこういう空間を創りたい」っていう、具体的な空間像と確固たる執念は、ほとんどなかったんです。
そんな自分の心を認めることに恐怖を感じていました。
建築界では、設計に進むのがエリートだ、勝ち組だっていう風潮があります。
自分も少なからず、そんな流れに染められていたし、勝ち組になろうと必死でしたから。


仕事を辞め、自由な時間ができて、改めて冷静に考えてみたんです。
やっぱり、自分は「建築を創ること」に、それ程魅力を感じていないようです。
認めるのは、結構辛いことでした。
でも、「建築そのもの」は嫌いにはならず、好きなままでいられているようです。
それだけでも、良かったなぁ、と。
だから、今後の進路の方向性を考える上でも、やっぱり建築との関わりを持った生き方の中で、模索していくつもりです。
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao