忍者ブログ
大切なのは、謙虚に、素朴に、そして素直に生きること・・・
★ADMIN★
  ★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ 最新コメント
[12/27 えだ]
[12/26 puku]
[05/13 SN]
[03/28 SN]
[09/09 みつを]
  ★ プロフィール
HN:
えだ
性別:
非公開
  ★ カウンター
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]
★2017/05/24 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/09/07 (Sun)
最近どーも調子がいまひとつだ。
なんかこう、モチベーションの波がある。

職場での人間関係は相変わらず良好で、
仕事自体にもたいしたストレスは感じていない。
働いているときはそれなりに一生懸命になれるし、
自分の力で、生じたトラブルを解決したり、
自分の裁量で仕事を成し遂げたときの達成感は、とても快感だ。

ただ、なかなかキャパシティは広がらず、
疲労感をおぼえるのが早いので、体が休息を求めるのも早い。
ところが、いざ休みになると、どこか心にぽっかりと穴が開いたように、
エネルギーが湧いて来なくなってしまう。

この現象は結構辛い。
自分を自分で分析することは、やらない方がいいかもしれない。
けれど、言語化することで少し気が楽になることも確かなので、
記述してみたい。

具体的な内容には言及しないけれど、要因として考えられるのは、
「孤独感」、「不確実な未来に対する漠然とした不安」、
そして、「恩師との約束(過去の自分が決意したこと)を果たせなかった自責の念」
であるように思う。

僕は、基本的に休日に予定は入れないし、予定が入ることはマレだ。
一人でいる時間が長いので、なかなか答えの出ない問題を、
ひたすらに考えてしまう。
悩んでしまう。
その意味においては、休みがない日々の方が、
自分に無駄な負荷をかけないですむのかもしれない。

先日、最近話題のカンサンジュンさんの「悩む力」(集英社新書)を読んだ。
悩むことを積極的に肯定しているところが、各メディアで高い評価を受けているそうで、
読んでいてすーっと心に落ちてくるようなことも、たくさん書かれてあった。
勇気付けられる部分もたくさんあった。

けれど、僕はやっぱり人間的にまだまだ未成熟なのだろう。
「悩まない力」の方がほしい……と思ってしまう。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
にんげんだもの

        みつを
みつを 2008/09/09(Tue)21:59:41 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao